Event is FINISHED

expo study meeting vol.01「クリエイターはどうする? 2025大阪・関西万博」

Description

expo study meeting vol.01

「クリエイターはどうする? 2025大阪・関西万博」


【introduction】

2025年、大阪に万博がやってきます。
パビリオン、ロゴ、広告、映像、ファッション、プロダクト、情報、都市。
あらゆるものが万博のためにデザインされ、
多くのクリエイターが必要とされることでしょう。

その時、大阪のクリエイターはどうするか。
行政や企業のオーダーに応えるだけでなく、
クリエイターとしての“意思”と“矜持”を持って、
万博を創る、そして大阪の未来を創る姿勢を示すべきではないでしょうか。

準備期間は、あと6年。
万博とは何なのか、クリエイターはどう関わるべきなのか、
基礎知識を身につけるための勉強会を開催します。


【program】

[第一部:勉強会]
guset1「140以上の博覧会を巡った博覧会マニアが語る! そもそも万博とは、そして万博の成功とは何か?」
speaker:二神敦
万博終了後の跡地にも訪れるほどの博覧会マニア 二神敦氏に、今までのパビリオンの前例や世界各国での成功&失敗例を教えて頂き、万博が地域に与える影響を考えます。

guset2「2015年ミラノ万博日本館に関わったCEKAIがこっそり教える、万博の現場。」
speaker:井口皓太(CEKAI)
ミラノ万博では日本館 FUTURE RESTAURANTのアートディレクター兼モーションデザインを担当した「CEKAI」の井口皓太氏に、クリエイターと万博の関係性についてお聞きします。

[第二部:交流会]


【speaker】


敦(ふたがみあつし)
1972年生まれ、神戸在住。世界各国140以上の博覧会を巡った博覧会マニア。普段は阪神高速道路の会社員として働く。史上最大規模の上海万博には10回訪問。万博終了後の跡地を訪れるなど、“万博後”についても動向をチェックしている。

井口皓太(いぐちこうた)
2008年武蔵野美術大学在学中に株式会社TYMOTEを設立。2014年に世界株式会社を設立。グラフィックデザインを軸にさまざまなデザインワークを行う。主な受賞歴に2014東京TDC賞、D&AD2015 yellow pencil、NY ADC賞2015goldなど。京都造形大学客員教授。
ミラノ万博では日本館 FUTURE RESTAURANTのアートディレクター兼モーションデザインを担当。本プロジェクトは、ミラノ万博の展示デザイン部門で「金賞」を受賞。


【event】

[日時]2019年1月25日(金)
    第一部:勉強会|19:30〜21:30(受付は19:00開始)
    第二部:交流会|21:40〜22:30

[場所]心斎橋 BIGSTEP 3階 BIGSTEP HALL
    〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-6-14

[参加費]
・勉強会のみ参加:1,000円(税込)
・勉強会+交流会参加:2,000円(税込)

[予約方法]当イベントページよりご予約をお願いします。

[主催]株式会社バイスリー / 株式会社人間

[協力]心斎橋 BIGSTEP
Fri Jan 25, 2019
7:30 PM - 10:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費(勉強会のみ) SOLD OUT ¥1,000
参加費(勉強会+交流会) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
大阪市中央区西心斎橋1丁目6−14 Japan
Organizer
はじめて万博
45 Followers